本文へスキップ


沿革history

【2008年4月25日】  湖北サッカーの発展を目指して、任意団体エスピロッサを設立。
【2008年10月2日】 彦根市周辺の中学生を対象として、第1回エスピロッササッカーアカデミーを開始する。以後週1回の開催。
【2009年4月】 小中学生を対象とした週2回のサッカーアカデミーを開始。
県立の養護学校の卒業生を対象に、長浜にて月3回の卓球教室を開催。
【2010年9月24日】 今後もこの地域で、人づくり、生涯学習などの活動を継続していきたいと考え、NPO法人エスピロッサを設立。
【2011年4月】  中学生年代が、より専門的にサッカーに取組み、自主性をモットーとし活動するエスピロッサSoccer Club Jr.ユースの始動。
【2013年6月】  社会人サッカーの活動を開始。
【2013年9月】  親子・社会人を対象に、短距離やマラソン、市民ランナーとしての健康づくりを目的に、陸上ランニング教室を開始。
【2014年4月】  社会人サッカーチーム エスピロッサSC(トップ)が彦根市リーグに参入。
【2015年4月】  社会人サッカーチーム エスピロッサSC(トップ)が滋賀県リーグに参入。3部Bリーグ優勝
 【2016年4月】  年長児を対象とした週1回のキッズサッカー教室を開始。

活動報告ACTIVITY REPORT